下手の横好き語学学習日記


by telescopio

震災と世界情勢

地震、津波、原発事故...。
どうなってしまうのだろう。
原発は明らかによけいだった。これで支援や復旧に遅れが出るのは大変な悲劇。ガソリンがなくて避難できずに現地に残り、物資の補給が絶たれている人たちのことを思うと本当に胸が苦しくなる。
国の命令で地域住民を避難させるのなら、避難したくてもできない人の面倒までみるべきでは。

国内の状況については、いろいろ情報があるので、それ以外のことを。
世界中が大変なことになっています。
私はそっち系は信じないけど、アセンションとかマヤ暦とか、そういう言葉がよぎるくらい。
とりあえず、アルジャジーラ英語版(アラブ人の間ではアメリカ寄りのメディアとの評判だけど)を引用しておく。

ところで、これは決して震災と無関係ではない。
中東~北アフリカの混乱は、直接的に石油がらみの価格高騰につながる。
今、被災地に物資を送るためのガソリンが足りていない。
買占め問題もあるけれども、国家予算の組み直しが必要な事態にあって、燃料の高騰は影響が大きい。






いよいよシリアも?
http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2011/03/2011316131236735771.htmlまだ規模も小さいし、平和的なデモが平和的に(?)解散させられた感じだけど、火曜は40~50人だったのが水曜は100人になってるのが心配。水曜は逮捕者も出たもよう。
いったん死傷者が出たら爆発するから、なんとかそうならずに持ちこたえてほしい。シリアで本気の蜂起があったら、それこそ大変なことになると思う。
アサドさん、今の地位を守りたいなら、給料アップとか小手先のことじゃなく、国民の声を聴いてください。

バーレーンは湾岸諸国に”協力”を求めたことから一気に緊張が高まっている。
http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2011/03/201131643831976772.html
何のために、サウジアラビアの軍隊が?なぜUAEの警察が?
UAEはどうだか知らないが、サウジだって、そろそろよその国にかまけてる場合じゃないんじゃないの?
マナーマでデモが治安当局と小競り合い始めた頃は、国境閉鎖してたくせに。この戦車見せびらかしパレードみたいなのは何?
バーレーンの場合、宗派の問題が絡んでいるので(シーア派が多数の国民を、スンニ派の王家が強権支配)ひとつ間違うと泥沼になりかねない。シーア派となるとイランも大いに関心を示すし。

ぐちゃぐちゃのイエメン。
http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2011/03/201131610353694242.html
イエメンは、いつも何かしら荒れているイメージがあるせいか、あまり報道されていないけど、すでに外務省からは退避勧告が出ている。
ただ、サレハ大統領の圧政とか言ったって、現実問題として政府の統制がまったく及んでいない地域もあるわけで、何に対する不満なのか、やや疑問な面もあり。
とかいっても、ここは普段から市民がライフルをかついで歩いているような国。組織だった対立構造にもならなそうだし、いろんな意味で危険。
サナアの友人はいつもFacebookでちんたらしているけれども。

後発(?)のモロッコ
http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/03/2011313212948314417.html
モロッコは、中東~北アフリカで唯一デモが合法な国だそうだ。それでもこういう衝突があるというのは、政府がナーバスになっているということか。
モロッコの王家は、ヨルダン同様ムハンマドの末裔とされているので、王家打倒みたいな方向にはいかないと思うけど、モロッコの若者は不満がいっぱいあって、その発散的に暴れるのが心配。

さらに忘れられた感のあるイラク、アフガニスタンも引き続き荒れているようだし、パレスチナもまた緊張アップ。エジプトもコプト教徒とゴタゴタしたり、アルジェリアもまだまだ不穏。
ヨルダンとオマーンは、とりあえず収束したの?あまりニュースに出てこなくなったけど。
チュニジアも出てこないけど、前進しているのかな。曲がりなりにも野党もあったし、比較的民主化してた方だと思うので、なんとか平和的に民主化して、今回の一連の事態の引き金を引いた国として、ぜひとも良いモデルになってほしい。
スーダン(ダルフール問題とは別らしい)とかコートジボワールとかの事態は、もともとこの地域の知識がないこともあり、把握しきれません。

個人的に一番心配なリビア。
http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/03/201131614230683317.html
サイフ・アル・イスラム...この人、気持ち悪い。
カダフィ(父)がいっときの異様なオーラを失ったのと前後するように、妙な迫力が出てきたような。
このままカフダフィの軍が反政府運動をすべて制圧したら、その後はどうなるのだろう?
ハイ、おしまい、職場に戻りなさい...ではすまないでしょう。つい最近制圧したどこかの町ではそう言ったらしいけど。
ベンガジはそう簡単に落ちないだろうし、でも兵力ではかなわないだろうし、いったい何人殺す気か。降伏したって大粛清が始まるのは目に見えているし、そうなったらまさに決死の抵抗をするだろう。そしていつまでも散発的に抵抗が続き...となったら、イラクみたいになってしまう。想像すると本当にぞっとする。

震災のニュースはリビアをはじめ、世界中で流れている。
伝えるなら、惨事の映像だけでなく、原発の恐怖だけでなく、家族を失った人の嘆きを伝えてください。
人が一人死ぬことの重さを伝えてください。
人の命を手にかけることの愚かさを伝えてください。

神様。本当にいるなら助けてください。
[PR]
by telescopio | 2011-03-17 01:21 | 雑記