下手の横好き語学学習日記


by telescopio

こんな週末

この前「映画はほとんど観ない」と書いたばかりでアレだけど、借りたビデオを返しに行ったついでに、また1本借りてきて観てしまった。
タイトルは「オーシャン・オブ・ファイア」。
前にアラビア語の先生が「なかなか面白かった」と言ってたのを思い出し、けっこう評判良かったみたいだし、と。
で、これ...面白い、の...?
映画を観る素養がないので、自信ないんだけど、少なくとも私の好みではないなぁ。
面白い(interesting)といえば、アラビア語の会話が聞けることくらいか。
しかもフスハー。言ってることは字幕を見てさえ、ほんのちょっとしか判らないけど、フスハーだな、というのが判っただけでも収穫だ。
そして最後にキャストを観ると...オマー・シャリフ?ええっ、シェイクの役?あれが?!
こういうトシの取り方したのか...と、しみじみしてしまった。



土曜の夜、ヨルダン旅行でお世話になった人(ヨルダン人)に会った。ヨルダンでは、その人の実家に泊めてもらったので、何かと向こうの家族の話になった。
今年は夏に帰省すると言う。
夏のヨルダン...と想像しただけで気が遠くなりかけたが、寒い札幌にいると、彼は眩しい太陽が恋しいらしい。
彼の妻(日本人)は、あっさり「1ヶ月くらいいる予定だから、その間にあなたも来ない?電話するたび、みんな”ぴおはどうしてる?次はいつ来るの”って言ってるよ」と。
なんとなく、ジーン。
忘れずにいてくれて嬉しいけど、ヨルダンすごく良かったからまた行きたいけど、私がシリアに移動した翌日生まれた、お姉さんの赤ちゃんにも会いたいけど...仮に勇気があったって、祝日の全然ない8月、一週間なんか絶対休めない。
それにしても、ヨルダン、懐かしいなぁ。

セネガルからのメール。
モーリタニアで知り合った人の一人がセネガル人で(厳密にはセネガルとモーリタニアのハーフ)冬の間はモーリタニアに出稼ぎ?に来ているけど、家はダカールだと言っていて、ダカールの家に戻ったよ、とメールが来た。
最初はごく短い英文のメールだったけど、その後すぐ「フランス語は読める?この前のメールは英語で書いたけど、人に手伝ってもらわないと僕には難しくて」と仏文のメールが来た。
なので「フランス語で書くのは無理だけど、読む方は勉強になるし、辞書をひけば何とかなるから、フランス語でいいよ」と返事を(英語で)出したら、いよいよフランス語のまともな長さのメールが来た。
”辞書をひけば何とかなる”とは、大きく出たものだよ、私も。
文法一通りやってから言え。
彼にとっても、フランス語は母語ではないし(セネガルはウォロフ語が主要言語)そんな難しいことは書いてないんだろうけど、ところどころ、この動詞の活用はなんだ?というのがある。直説法でも、まだやってない時制がいくつかあるしねぇ。
まあでも、大意はつかめるのだが。
セネガルは今観光シーズンらしく「いい季節になったので、時間があったらいらっしゃい」って、隣町じゃないんだからさ。
日本がどのくらい遠いか、きっと判ってないんだろうなー。
[PR]
by telescopio | 2006-04-23 23:51 | 雑記