下手の横好き語学学習日記


by telescopio

Cクラスのアメニティ

年末の旅行、行きのセントレア→ドバイと、帰りのドバイ→関空を、マイルを使ってビジネスにアップグレードしてみた。
エミレーツのマイルは、格安航空券でも100%加算されるので、すぐ数字は大きくなるんだけど、いざ特典チケットをとろうとすると、ハードルが高い。
日本~欧州の往復は、ドバイ経由になるから仕方ないんだけど、なんと11万マイル必要。日本~ドバイでも6万マイル。けっこうな数字だ。
まあJALで日本~欧州の特典チケットを取るにも6万マイル必要で、搭乗時間で考えるとドバイとそう変わらないから、すぐ貯まるエミレーツの方が良心的なのかもしれないけど、何せドバイに行きたいわけじゃない、というのがポイントだ。

そんなわけで、使うあてもなく8万何がしか貯まっていたのだけど、エミレーツは格安で買ったチケットでもアップグレード可と判り、PEXの、しかも前売りタイプじゃないチケットからしか、アップグレードさせてくれないJALとの違い(いちいち比べるのは、JALでしかマイル使ったことないから)に驚く。しかもアップグレードは、片道ずつというか、1フライトごとに設定できる。
私の年末のチケットは、日本国内はおいといて、セントレア~ドバイ~チュニス/トリポリ~ドバイ~関空となっていて、例えばこのうちトリポリ~ドバイだけ、とか細かく設定できるのだ。オンラインで簡単に。ほ~。



なので、一番しんどい帰りのドバイからの夜行をと思い、すぐには取れなかったけど、1週間前になって空きが出たようで即アップグレード。行きのセントレアはすいてそうだったけど、25%オフのキャンペーン中だったので、こちらも取ってみた。
機材は関空路線の方がいいので、ビジネスのシートもけっこう差があった。
セントレアも、就航当時は最新鋭機材だったんだけどな~。今なんか、エンターテイメントシステムもICE対応でさえない。
足の短い私は(世代の特徴です)、エミレーツの新しい機材だと座面が高くて足が疲れる(リクライニングすると、つま先しか床に届かなくなる)ので、古い方がラクではあるのだが。あ、これはエコノミーの話だけど。

ビジネスは食事が良いよね、という人もいるけど、私の感覚だと食器がちゃんとしているのとやや量が多いだけで、質的には変わらない印象。むしろ時間がかかるので、夜行だとうっとうしいくらいだ。
枕が大きいのも、本当に横になれるときでないと、あまり意味ない感じ。

d0018759_15111073.jpgあとは、アメニティの充実。これは、乗ったことがないとなかなか判らない。
初めて乗った国際線がカンタス航空のビジネス(もちろんラッキーアップグレード)で、そのときもらったポーチを執念深く(?)とってあったので、アップ。
いろいろというのは、えーと、アイマスク、機内用ソックス、耳栓、ひげそり、歯ブラシ、歯磨き粉(真っ赤なジェルでびっくり)、櫛、シェービングクリーム、モイスチャライザー(ハンドクリームか?)。
クリーム類のブランドはGUCCI。
ポーチはナイロンのしっかりした作り。ちょっとオッサン系だけど。

その後、サベナ、シンガポール航空、JALでラッキーアップグレードがあったものの、特別なアメニティはなし。
あ、シンガポール航空はまともに乗ればあるかもしれないけど。あそこはラッキーアップグレード客とそれ以外で、機内食とかサービスを分けてるので。

d0018759_15132130.jpg07年のエミレーツのラッキーアップグレードは、もうちょっとリッチな内容。
男女別で、女性用はポーチが真っ白だけど、生地が木綿なので、持ち歩くとすぐ汚れそう(^_^;)。
内容は、ティッシュ、香水つきおしぼり(ブルガリ)、歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュ、櫛&ブラシ、リップクリーム(ニベア)、トーニングローション、モーニングクリーム(?)、クレンジングミルク、ゴマージュ、コロン。化粧品はクラランスだった。
そういえばこのとき、帰りのカサブランカ~ドバイもラッキーアップグレードだったけど、何かもらった記憶はない。

d0018759_1523493.jpgそしてこれば、先日の旅行でもらったもの。
07年より男女ともポーチが大きくなり、正直、荷物にあまり余裕のなかった私は微妙なキモチに(^_^;)。そうだよね、お土産が入るかどうかのリュックでビジネスに乗ること自体、根本的に間違ってるわね。
ポーチは、真っ白ではなくなったものの、相変わらず手垢ですぐ変色しそうな素材と色。
内容は、ティッシュ、香水つきおしぼり、歯ブラシ、歯磨き粉、櫛&ブラシ、小さな手鏡、ハンドクリーム、乳液、オー・デ・パルファン。おしぼりと化粧品はブルガリ。
この、オー・デ・パルファン、私の大好きなテ・ルージュですごく嬉しかった(クリームと乳液は無香料。ナイス)。帰りに空港で買おうかと思ってたくらいなのに、往復とももらえたから、10mlゲット!←しかし貧乏くさいな(笑)。

座席に関してはビジネスでもいろいろで、07年のエミレーツのセントレア~ドバイは、フルフラット(といっても...ファーストだと床と平行で時計の針でいうと9:15だけど、ビジネスだと8:10という感じ)だったけど、今回のセントレアからのは、前の席の人がリクライニングすると背もたれが倒れてくるタイプ。関空路線は、フルフラットではないけど、JALのゆりかごシートみたいに、背もたれの後ろに覆いみたいなのがあって、その中で動くので後ろに影響しないタイプだった。簡易マッサージ機能がついていたので、満足。
一番寂しかったビジネスは、今はなきサベナ・ベルギー航空で、レッグレストはおろか、フットレストさえなかった(^_^;)。
私としては...下手にビジネスより、エコノミーで4席使って横になれる方が、正直ずっとラクだ。別に負け惜しみではない。エコノミー4人分の方がまともに買ったら高いんだし。
ただ、そんなに空いてる便に、いつも乗れるわけじゃないからね。
もし2-3-2とか2-4-2の配列なら、窓から2席使い、丸まって横になるのもいい。背の高い人や足が邪魔になる人にはムリだろうけど。短足の特権である。
(※関係ないけど...タンソクで変換されない!タンソクってそんなに差別的か?過敏すぎないかい?足が短いって、身体的欠陥?別に不自由してないし、不幸でもないけど?)
あと、カタール航空の空いてる便に乗ったともだちが、肘掛が上まで上がらなくて横になれなかったと嘆いていたけど、たまたまなのか、どの機材もそうなのか判らないけど、それはかなりガッカリ。カタールって、コントローラーも肘掛に固定だった気がする。むむ。

満席のエコノミーって、私たちは貨物だと思って耐えるしかない。
なんだって、あんなに狭いのかな。眠っている知らない人を叩き起こさないとトイレにもいけないなんて、人間の尊厳に関わるような気さえする。
機内食なんてどうでもいいから、せめてあと10センチ、シートピッチをくれ!といつも思う。
ポーチの香水に慶びつつも、ビジネスの客に香水なんて配ってるから...と、分不相応なゼイタクをしても、なにか寛げない、小市民であったことだよ。
[PR]
by telescopio | 2009-01-11 15:48 | 雑記