下手の横好き語学学習日記


by telescopio

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

気の流れが!

d0018759_22364428.jpg私は絶望的な「片付けられない女」である。ほとんど病気のような気がする。
一時期「それは大人のADHDではないか?」と言ってくれる人がいたが(病気じゃないか、と言われるのを「言ってくれる」というのもおかしいけど、だらしないんだよ!とか言われるよりラク)ADHDで片付けられない人の特徴として、まわりにそうは見られず「えー、きちんとしてるように見えるよ?」とか言われるのが苦痛というのがあり、私は「そうか、隠せてラッキー」としか思わないので、やっぱり単にだらしないのであった。
どのくらいだらしないかというと、想像するに一人暮らしの男子大学生の部屋から、不潔な部分を除いたくらいかと。散らかり具合は、多分同レベル。
何故不潔でないか(ホコリの問題はあるけどね)といえば、第一に料理をしないから。インスタントラーメンを作り(料理か?)洗ってない鍋がシンクに放置される...というような事態はあり得ない。洗濯は定期的にしているしね。
つまりは、乱雑なのである。
床には本のタワー、雑誌の山、一応重ねてはあるが、高さが出てくるとスリリング。
食卓の椅子は2脚あるが、決まった方にしか座らないので、もう片方は一種の物置台。帰宅して脱いだ服(上着やスカートなど、一度では洗わないもの)は、体温が残っているうちはしまいたくないからと、椅子の背などにかけて、そのまま...綺麗好きな母が見たら卒倒するだろう。
で、ときどき散らかり具合が臨界点に達し、片付けないと死ぬ!という気分になる。
その気持ちにハズミをつけようと、風水的にいかに散らかってるのが良くないか、という本を買ってみた。

More
[PR]
by telescopio | 2005-11-27 23:21 | 雑記

がんばれ、たちばな!

旅行は、準備期間が一番楽しいという人、いるよね。
まあ、一番かどうかは別としても、もうすぐ旅行だ、と思うときのあのワクワク、ウキウキする感じ、あれは確かにいいものだ。
旅への期待がピークに高まるのは、国際線の飛行機の離陸直後あたりではないだろうか。
空港に無事たどり着き、チェックイン、出国審査と順調に進み、機内のシートに座り、ドアが閉まり、滑走...私は離陸は大嫌いだけれど、それでもいよいよ行くんだ...と実感するのはこのときだ。
その期待に膨らんだ思いが、いきなりペシャンコにされたとき、人はどんな気持ちになるだろう。

今週の火曜日(22日)は、友人のたちばなさん(私と同じ、札幌在住)がウズベキスタン旅行に出発する日だった。
その日付を1日勘違いした私は、バンコクから関空に着いた23日、携帯から「今日出発だよね。楽しんできてね~」とアホなメールを送った。
その後、国内線への乗り継ぎ待ちにマッサージを受けたりした後、携帯を見ると返信が。
タイトルは「行けませんでした」。
な、なんで?!
実は彼女、過去にもまったく別の事情ながら、出発当日に旅行を中止せざるを得なくなったことがあるので、まさかまた?と思ったら、全然そうではなかった。
彼女が買ったチケットは、茶色い機体がオシャレな星組航空会社の、成田発ソウル乗り継ぎタシケント行き(国内線はANAで別手配)。
彼女を乗せ成田を飛び立った飛行機は、1時間ほど飛んだところで何と「エンジントラブルのため、成田に引き返す」ことになったというのだ。

More
[PR]
by telescopio | 2005-11-27 00:34 | 雑記

中国企業@ヨルダン

今日のアラビア語、行く前から眠かったので、始まって30分~1時間のあたりが拷問のように眠かった。
自分でノートに書いてる文字が、眠くてのたってるのか、そもそもこういう字だったか...と判らなくなるほど眠かった。
なので、前半よく覚えてない。まずい。
後半は関係代名詞だったけど、今日はさわりで、次回きちんと習う予定。
予告編として、先行詞が人か物かは関係なく、男性、女性、複数の3つを区別するということだった(正確には、複数にも性別があるし、双数形もあるけど、そこまでは覚えなくていいそうだ)。

それはそうと、帰ってきて珍しくテレビつけたら(昨日もつけたけど、あれはサーヤの晴れ姿が見たかったから特別)ニュースで面白い話題をやってた。
中国の繊維業界が、ヨルダンにどんどん進出しているというレポート。
この二国のつながりは何か?
中国は、このところ繊維業界がグングン伸びていて、そういえば日本とも貿易摩擦が起きてるけど、アメリカとはもっとだ。
先日、中国は繊維の対米輸出量に制限を設けることで、アメリカと合意したが、その一方で、対米輸出に制限がなく、今後も制限される心配のないヨルダンに進出し、現地法人として、アメリカ市場に参入する作戦にでたという。

More
[PR]
by telescopio | 2005-11-17 00:36 | 雑記

サーヤ、おめでとう!

الزواج المبارك
↑ちゃんと表示されるかな?ブラウザによる?
(アラビア文字の出し方を知ったので、試しに”結婚おめでとう”と打ってみた)

今日の宮様は、驚くほど綺麗だったと誰もが思ったことでしょう。
いやほんと、驚いた。
挙式に向かう車の中の、宮様の穏やかな笑顔、胸打たれました。
私の実家は、祖母が同居していたこともあり、居間に皇太子(今の天皇)ご成婚の写真がバーンと飾られていたので、よく友達にびっくりされた。
客間には天皇ご一家団欒の写真(サーヤが学校に上がる前くらいのもの)も飾ってあったし、日曜はもちろん祖母と「皇室アルバム」を見た。
母も割とミーハーな人なので「美智子様、愛の軌跡」なんて特番があれば、女3人で喜んで見た(父はさすがに無関心)。
実家には「プリンセスの華麗なファッション」とか、そういう写真集も何冊かある。
要するに私は、ミーハーな皇室ウォッチャーである。
政治思想とは、全く別問題。

More
[PR]
by telescopio | 2005-11-16 00:17 | 雑記

酸素バーと高度障害

今週、ようやく初雪があったので、スキンを冬バージョンに変更。
けっこう寒々しいかも...私は好きだけど。
ついでにカテゴリーに「雑記」追加。「漫談」にしようかと思ったけど、あんまりな響きなので、まあ無難なところで。

いきなり先週の話なんだけど、初めて「酸素バー」なるものを体験した。
そんなものあること自体知らなかったんだけど、札幌にもあると聞き、しかもそれがたまに行ってる岩盤浴の中にできたというので、話のタネに。
行ってみると、岩盤浴の中といっても、別に岩盤の上で酸素を吸うわけではなく(その方が面白そうだけど)休憩スペースのすみっこにあって、入浴(?)後、または数回入浴を繰り返すので、そのインターバル休憩のときに吸えるようになっていた。私は入浴後、帰り支度をした後でトライ

ここの酸素バーのアロマは、メロン、レモン、ミント、ユーカリ(...だったと思う)の4種類。自分でレバーを操作して選ぶので、途中でいくらでも変えられるし、複数混ぜることもできる。アロマなしも可。
行く前は、入院中の人がするようなのを想像していたけど、実際はヘッドセットをして、鼻の近くにノズルを持ってきて使う。良かった、鼻に入れなくてよくて(笑)。
やってみた感じは...うーん、だから何だというものでもないような...吸ってる間は。

More
[PR]
by telescopio | 2005-11-12 22:37 | 雑記