下手の横好き語学学習日記


by telescopio

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テレビ アラビア語会話

d0018759_21431648.jpg写真の赤い飲み物は、最近よく飲んでいるハイビスカスティー。
エジプトでよく飲まれているそうで、現地の言葉では「カルカデ」。私もGWにエジプトで買ってきた(現地では飲んでないけど)。
ティーといっても、茶葉はなくて、乾燥させたハイビスカスの花びらのみ。これを普通のお茶と同じようにいれると、すごく鮮やかな赤いお茶ができる。
そのままだと大変すっぱいので、蜂蜜などを入れるといいらしいけど、私はミントも加えて濃い目に入れ、アイスにして飲むのが好き。
以前はそこにガムシロップなどを加えていたけど、今気に入っているのは、ソーダ水割り。こっちの方がさっぱりした気分で飲める(糖分は多くなるかも?)。
見た目にもきれいなので、この夏はこれでいこう。幸いにも、気に入ると同じものばかり続いても平気な味覚だし(そしてある日飽きる)。

エジプトといえば、アラビア語(強引)。
今年度はラジオのアラビア語講座がなくなってしまったが、夏に集中講座で復活するらしい。
とはいえ、中身は去年のラジオ講座の再放送。テキスト3冊分(2ヶ月で1冊だったから)が1冊にまとまったのは、学習者には使いやすいけど、なんかちょっと微妙。
そして前期になかった番組だから、どこの枠でやるのかと思ったら、7月24日~9月2日の間、ハングル講座入門編の再放送にあてていた時間帯に、ハングルをやめてアラビア語をやるようだ。
むむむ。ハングルの立場は。
まあ、中国語とハングルは再放送が日に2回あるから、1回削ってもいいという判断か。
そしてハングル講座応用編(金土)の枠は、毎夏やっているポルトガル語の集中講座になるらしい。

More
[PR]
by telescopio | 2006-07-24 22:42 | 雑記

行ってみたいが...

d0018759_23382528.jpg写真は本文と無関係の、今日の夕食。
もちろん私が作ったんではなく、スープ屋さんのサラダセット。野菜が私の体の中で絶滅しかかっていたので(笑)。
帰りは寒いくらい気温が下がったので、温かいスープにしておいて良かった。

旅行から帰ってから少ししたあたりが、一番「また行きたい」ピークだと思うんだけど、今日もフラフラと本屋のガイドブックのコーナーへ。
そういえば今年中国行ってないな、フフホトに行こうかと思ったけど、結局カナダにしたしな...と何となく『歩き方』の「中国」を手にとって見る。
青海湖見てみたいなぁ。不思議とチベットには興味わかないけど...麗江は人民観光客に大人気だというし、ホータンは遠いし、西安は後泊いるし...などと思いながら、漠然とページをめくっていて、おや、ここはどこ?と思う美しい風景の写真を発見。
鳳凰古城。
口絵のカラーベージ数ページを使って紹介されているけど、本文に記事が見当たらない。
行きたい、ここに。どこだここは。
アクセスは...○○からバスとか、最寄の駅は△△とか書いてるけど、その○○も△△も、どこか判らない。
小さい文字をよく読むと、どうも湖南省という所にあるようで、アクセスは貴州省の町からが良いらしい。
うーむ。
d0018759_23551336.jpgイヤ待てよ、これ、なんか見覚えが...そうだ、春に出た『中国の小さな古鎮めぐり』だ。
あの本(きれいな本です。写真を眺めるだけでも十分)を見たときも、行き方がさっぱり判らない町が、いくつかあったっけ。
中国が大好きだったり、詳しかったりする人には説明不要でも、そうではない人には判らない地名が、たまに出てくる。説明文の中に。
例えば、平遥古城。
「太原から列車、バス...」とか言われても、太原ってどこよ?
ここは世界遺産に指定され、最近メジャーになったこともあり、とりあえず北京から行けることは知っていたけど、太原っていきなり言われたら判んないなー。

今回私が『歩き方』を見て強くひかれた鳳凰古城というのは、張家界という所から、バスを乗り継いで行くらしいのだが、その張家界にはどうやって行くの?
山奥の滝とか、人跡未踏の秘境に行くならいざ知らず、写真で見る限りはけっこうな町なのに、そこに行くためのゲートになる町すら、聞いたことがない。
中国はとにかく広くて、しかも無駄にほってある空き地とかあんまりなく、山奥にも割と町があって、とても一度の人生では回りきれないわけだよ、としみじみしました。

ものすごい脈絡のない記事ですみません(^_^;)。
[PR]
by telescopio | 2006-07-21 00:11 | 雑記

ゴツン

わはははは。
一部の人にとっては笑い事じゃないだろうし、不愉快な気持ちになる人もいると思うけど、シンプルにおかしいジダンの頭突きゲーム。これ作った人って、普段何かんがえてんだろ。
すでにあちこちで話題になってるようだし、世界中でブレイクしたら、渦中の真剣な人の逆鱗に触れて閉鎖されちゃうかもしれないし、興味のある方はお早めに!
ただし潔癖な方、あの件で心を痛めている方にはオススメしません。

しかし...頭突きって、とっさに出る攻撃方法としては面妖だよねぇ。
自分の石頭に自信があるとか?
サッカー選手だから、黄金の足で人を蹴っちゃいかんという心理があるとか?
(でもベッカムという選手だって、挑発に乗って相手を蹴ったことあるそうだし)
頭突きという日本語の響きも、またなんとも笑いを誘う要素があるような。

More
[PR]
by telescopio | 2006-07-17 00:21 | 雑記

雑誌2種

d0018759_22421726.jpg「旅という名の女性誌」というよく判らないサブタイトルの雑誌『旅』。廃刊になって復刊したのか、かなり大きなリニューアルだったのか、よく判らない変化が何度かあって、今に至っているが、今回の特集は「エーゲ海」。夏だからねぇ。かといって今ハワイじゃ”猫も杓子も”だし、ま、いいとこでしょうか。

ギリシャは、何度か行こうと計画したことはあるけど、実際にはまだ未踏の地だ。欧州では「なんとか行っておきたい」国のひとつだし(他にはアイルランドかな)やはりフォトジェニックなので、写真の多い雑誌の特集だと見逃せない。
ページの構成は、昔のフィガロジャポンの旅特集の号(今のフィガロジャポン・ボヤージュの前身)に似ている。小見出しのつけ方や、写真の構図、ホテルの部屋の写し方とか「見たことある」と思うものが多い。
景色については、これだけたくさん写真が出回ってる国だから、お約束のベストポジションがあるのも仕方ないし、それを載せないと読者を納得させられないのかも、と思うけど(それにしても、サントリーニの一番のウリ、イアのサンセットがブレブレ。写真の美しさではフィガロに完全に負けている。似ているからこそアラが目立つのよ)、ホテルやレストランはどうかなぁ。
偶然だとしても、ちょっと真似っこに見えてしまうから、やはり他の雑誌をよく研究して、似た雰囲気にならないよう、気をつけた方がいいんじゃないだろうか。こういうの好きな人は全部買うし、スクラップしてる人だっているから(私もです)すぐ比べられちゃうよ。
...という点を除けば、眺めて楽しい号ではある。
やっぱりギリシャいいなぁ。行きたいなぁ。
あと、後ろの方に載ってた「飛騨古川」という小さな町がとても魅力的だった。
母を連れて行ってみたい。

More
[PR]
by telescopio | 2006-07-15 23:28 | 読書

鍋の改宗?

d0018759_216168.jpg先日、ちょっと高めの居酒屋で宴会があり、そこで意外なものが出た。
着席時から、テーブルの上にコンロがセットされていたので、鍋物が出るのは予想していたけど(札幌はようやく初夏の兆しなので平気)いざ鍋が来てみてびっくり。
「カキとホタテのタジン鍋」
プロポーションは、ご覧の通り、お寺の鐘のような、なで肩&ずんどうの、モロッコのタジンポット(下の写真。円錐形でもっとシャープ)とはかなーり違うもの。
しかも...カキとホタテ?
すごいものをタジンにしたものである。

d0018759_21184379.jpg
お姉さんの説明では「タジンというのは、モロッコの伝統的な鍋です。あちらでは水が貴重なので、食材の水分だけで調理できる、スグレモノの鍋なんですよ」とのこと。
まあ、そうではあるが。
タジンポットは、素焼きの一種の無水鍋で、1時間くらい弱火でじっくり煮込むもので、暖められた素材から出る蒸気が、フタに高さがあるため高く立ち上ってフタの内側で水滴となり、今度はフタに傾斜があるので、その水滴がなべ底に還元される仕組みになっている。
この宴会で出たタジン鍋は、形だけでなく材質もお寺の鐘っぽいし、日の沈む国の伝統の鍋は、はるばる日の昇る国にきて、仏教的に変質したのだろうか(意味不明)。

ホタテもカキも、とっても美味しかったけど、ううむ、モロッコではどっちも食べないだろうなぁ。
[PR]
by telescopio | 2006-07-03 21:55 | 雑記

お散歩@神宮

d0018759_1327146.jpg土曜日、天気が良かったので、なんとなく北海道神宮に散歩に行った。
この神社、円山公園と円山動物園の間にあり、春は桜がきれいだし、秋の紅葉もなかなかのもので、三脚とカメラを持った本気の撮影組みもけっこう見かけるし、ただのんびりの歩くのにもとても良い。
写真は円山公園の木立。ここを抜けて神宮へ向かう。表参道、裏参道から直接境内に入ることもできるけど、散歩がてら、というならやはりここを通って行くのが気持ちいい。
のんびり歩いて、入り口までくると、お清めの水がある手前で、白い上下につばのない白い帽子の男性が二人見えて、一瞬板前さん?と思ったら、アメリカの兵隊さんだった(^_^;)。
板前さんが、あの服のまま神宮に来るわけないわな。
そうか、キティーホークが小樽に来てるんだっけ。なんで神社なんか見学に来るんだろ。
確かに、札幌には観光地らしい観光地ってないけどさ...とか思いつつお守りを買おうと社務所に行くと、そこには台湾人観光客の団体が。
むむむ。そういえば前にきたときもそうだったか。
こちらが歴史とかいろいろ考えさせられてる間も、若い観光客達は嬉々として鳥居の前で写真を撮り、おみくじをひき(読めるのか?)、キティちゃんの絵のついたお守りをいくつも買っていた。
あー、あのキティちゃんのお守り、何事かと思ったら、この人達向けだったのか!
米兵も台湾人も、見よう見まねでお賽銭を投げ入れ、二礼二拍一拝する姿に軽く混乱していると、なにやら行列がやってきて...おおっ!結婚式だ!

More
[PR]
by telescopio | 2006-07-02 14:20 | 雑記